便秘改善のメカニズム

オリゴ糖が配合されいる健康食品を便秘の改善に役立つと思いなんとなく購入されているという方も多いのではないでしょうか。確かにオリゴ糖は便秘の改善効果が期待できるものですが、そのメカニズムについて理解しておくことは大切です。まず、オリゴ糖を摂取することで、オリゴ糖自体が消化されないまま腸に届きます。水分を含んだまま腸に届きそのまま移動するので便のかさ増しとなり、排便のサイクルが早くなるのです。

ふたつめの理由としては、オリゴ糖の整腸作用です。腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と呼ばれる菌が存在します。善玉菌は腸内環境を整える作用があり、逆に悪玉菌は腸内環境を壊す作用があります。日和見菌はこの善玉菌、悪玉菌の両者のうちで勢力の強い方の味方をする菌です。腸内での善玉菌と悪玉菌のバランスが善玉菌優勢という状態のとき、腸内環境が整っていると表現されます。

ですから腸内において善玉菌の数を増やすことはとても大切なのです。オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。エサがあれば善玉菌のパワーがみなぎり勢力を増すことになります。そして腸内環境が良好になり、腸のぜん動活動が活発になります。このようなメカニズムでオリゴ糖は腸内の環境を良くし、便秘の改善にとってとても有効な働きをしてくれるのです。